ようこそ!二重まぶたにする方法へ!

二重まぶたにしてみたい!

「一重がいい・・・?」
「いや、やっぱりパッチリ目の二重がいいのよ。」

なんて会話。最近の話じゃないですよね。
昔から言われていることなので、
「もう、いいわ。」って方も多いのではないでしょうか?

美しさの基準もその時々により変わります。
一重が美人といわれた時代もありました。
また、二重でパッチリ目すぎて、
「自分はこの目嫌なの」・・・なんて方もいらっしゃいます。

でも、やっぱり二重まぶたにしてみたい・・・
そんな憧れのような感情!持ったことないですか?

そんなあなたに、まず、
『手軽にできる二重まぶたにする方法』お教えいたします。



二重まぶたにする方法

自分で二重まぶたの注意点

自分で二重まぶたの注意点

☆自力で二重まぶたを目指す方へのお願い☆

二重まぶた化粧品を使って、自力で二重まぶたを目指している方々に注意して頂きたい事があるんです。
これは一度使っただけでなる方もいれば、何度か使っていくうちに症状が現れる人もいます。

アイプチやテープ、クリームなどなど・・・、成分が優しい・安心・などと書かれていても、パッチテストを行ったりして使用の際には十分気をつけてください。
ちなみに、アイプチやテープは、24時間つけっぱなしの方が跡がつきやすいなどと勘違いされがちですが、決してそんなことはありません。

むしろ、皮膚に負担をかけ、招かなくていい後遺症を招いてしまう恐れもあります。
それは何かといいますと、アイプチや二重まぶた化粧品などの使いすぎで起こる、皮膚炎などの後遺症です。

特に皮膚の弱い人は、十分注意して使用しなければいけません。


【こんな後遺症には注意してください!!】

・色素沈着
薬液を塗った部分が黒ずんでしまう場合も。

・カサカサに乾燥
皮膚がぼろぼろになってしまう恐れも。

・まぶたの腫れ、かぶれ
これが一番多い症状といえます。腫れがひどい場合、今までよりもひどい一重になってしまうことも。

これらの化粧品を使うことで、そのときは簡単に二重になることが出来ますが、上記に書いてあるようなリスクがあることも十分に注意して、忘れないでください。

何の道具を使わなくても、目の体操やエクササイズ、マッサージで二重まぶたに近づくことも可能。
ですから、二重まぶた化粧品の使用法はよく守り、上手に付き合っていけるよう頑張ってください。


二重まぶた関連ニュース